ある日の休日、食事中に突然左奥上の歯が急に痛くなった。どうしたのだろうと鏡で見ると、歯がグラグラしている。押すと痛い。今にも歯が抜けそうなのである。かかりつけの歯科医院は休日なので診療していない。そこで当番医の歯科医院を新聞で探すとあった。すぐ近くである。早速自転車で出掛けた。

 するとビルの一角にある小さい歯科医院で、靴を脱いで上がるようになっているが、スリッパが見当たらない。しかし来院している人はちゃんとスリッパを履いている。仕方ないので首を捻りながらスリッパを履かずにそのまま上がって待つ事にした。

 すると隣の患者さんが「どうぞ!」とわざわざスリッパを持って来てくれた。何処に置いてあったのだろうとキョロキョロと見渡すと、入口の所に50cm×90cm位のボックスがあり、ボタンを押すと自動的にスーッと殺菌されたスリッパが出て来る仕掛けになっていた。

 問診票を書いたら、すぐ名前を呼ばれた。診察室に入ると何と院長先生は若い女性歯科医でベッピンさんだ。いつもは同級生の老歯科医に診てもらっているので、ベッピンさんに口の中を見られるなんて恥ずかしいなぁと思ったが、痛いので我慢、我慢と思いながら口を開けた。どうやら痛い所にある歯は真二つに割れてしまっているという。道理でグラグラして痛かった訳だ。その割れている所は取り除かなくてはダメだという。「口を開けて下さい」と言うなり、局所麻酔を打たれ、ペンチみたいなもので歯をグラグラ揺らすと、あっさりと歯の一部が取り除かれた。歯は5mm位の物が2個で、色は茶色に変色している。

 診療が終わり、そのベッピン女性歯科医に「その取り除いた歯をお持ちかえりにしたいのですけど…」と言うと、呆れたような顔をされ「良いですよ」。会計を済ませ、帰ろうとすると「谷口さん忘れ物ですよ」と小さなジュエリーボックスみたいな物を渡された。「これ一体何だろう?」と思っていると「これが先程抜いた歯です」。それをポケットに大事にしまい、「ありがとうございました」と言いながらペコリと頭を下げ歯科医院を出た。