昨年は新型コロナウイルスの為、大変な年だった。三密が叫ばれ、いつでもどこでも誰とでも出かけられない。今まではどこでも自由に行けたのに、それが出来ないのである。アウトドア派の私はただそれだけでプレッシャーになる。

 その上新型コロナに感染したらどうしようという恐怖感もある。特に私みたいな高齢者は感染すると重症化しやすく、死亡率も高いというので余計にピリピリする。朝起きて朝食を済ませ歯を磨き仕事をする。昼食を食べ少し横になり、又午後から仕事。6時過ぎて今までは外に買物、飲食を楽しんでいたのにそれが出来ない。だから仕方なく大人しく自宅で夕食を済ます。特にそれからすることもなく、風呂に入りもう10時には床に入る。

 毎日同じパターンなので1日があっと言う間に過ぎる。TVのスイッチを入れると「今日は又今までの最高の感染者が出ました」というニュース報道。何一つ明るい材料がない。それで日本人全員が段々鬱になっている。私もその中の一人だ。

 これじゃいけない。せめて『今年最後の自分へのご褒美』をとこっそり考えたが、中々思い浮かばない。そこで日南海岸を一人でドライブすることにした。すると『大海』の看板が目に入った。ここは30年以上も付き合いのある海鮮レストランである。そうだここで伊勢海老を食べよう。財布の中身を確認して店に入った。

 迷わず伊勢海老の単品を頼んだ。他の魚介も美味いのだが、今日のご褒美は伊勢海老と決めていたので初志貫徹である。出てきた伊勢海老は実にコリコリして甘くて美味い。美味しいものを食べた時、人間は自然に笑顔になるものらしい。まさにその通りである。コロナにも感染せず今年も生き抜いてこられたなぁと思うと涙が出そうになった。

 大変な一年だったが、この伊勢海老君のおかげで何か全ての辛かったことを一瞬忘れられた気がした。有難う伊勢海老君。因みに値段は一匹4000円でした。今まで食べた伊勢海老の中で一番美味しかった。