新型コロナで外に出る機会が極端に減った。しかも寒いので余計に外へ出たくない気持ちになる。夏は万歩計が一万歩を楽に超えたのに、最近は6000歩止まりだ。どうしたら良いのか悩んでいたら娘から助け船。「孫と一緒に日曜日何処か遊びに行こうよ!」。何にもしたくない時でも孫となら一緒に遊びたい。私にとっては本当に渡りに船である。そこで出かけることにした。

 仕事柄1時間以内で戻れる所でないといけない。何故ならお産はいつあるか分らないからだ。すると住吉方面にある“萩の台公園”という所があるという。広くて遊具も沢山あって子ども達も喜ぶらしい。まぁ、とにかく行くことにした。

 天気はもの凄く良くて日焼け止めが要る位である。車で40分で着いた。実に広い。球場やアスレチックみたいなものもある。そして何とソリで滑ることが出来る所もある。

 早速その草滑りが出来る所へ行った。長さは30m位、高さも10m位で小さな子どもでも滑れそうである。孫達は全然怖がらずに勢いよく滑っていく。おじいちゃんとしてはハラハラである。それでも本当に楽しそうにしている。

 次の週は国富にある法華獄に行こうと言う。ここも40分位で行ける所で、草滑りが有名なところだが、バーベキューが出来る所があるという。そこで先日孫達が保育園で掘ってきたお芋を焼くことにした。上手く焼けるかなと思ったが、凄く上手く焼けてホクホクで実に美味しかった。孫達も頬張り美味しそうだ。炭と食材があれば、誰でもたった200円で使うことが出来る。実にリーズナブルである。因みに隣のカップルは焼き肉を楽しんでいた。

 回りに殆ど人はいない。せいぜい10人位で、ソーシャルディスタンスは充分保たれていた。実に楽しい2日間だった。いつもは一人でふらりと出かける私だが、こんな風に家族で出かける楽しさに目覚めた一日だった。又一緒に行きたい。