3億円宝くじが当たった。さて何を買おうか迷ってしまう。超豪華クルージング旅行をしてみよう。しかしいくら高くてもせいぜい500万。全部使うには60回も出掛けなくてはいけない。毎月行ったとしても5年もかかってしまう。それまで元気で生きているか分からないということで諦めた。

 プライベートジェット機。しかしこの前あの大金持ちの前澤さんのジェット機は10億円もする。ちょっと手が出ない。超高級ワイン先日1000万円で売りに出ていた。何でも沈没船の船内から見つかったワインで、作られて200年も経っているらしい。これを30本買う。いくらワイン好きの私でも(いつもは1000円位のワインを飲んでいる)そんなには飲めない。全部飲んだらきっとアルコール中毒になってしまうだろう。

 さて何にするか?そうだスーパーカーを買おう。先日フェラーリの特別モデルがテレビで発表されていた。一台7000万円(税別)。これにしよう。さてどんな色にしよう。黒・白・青・赤どうせなら全部買っちゃおう。そこで3億円の大金を持ってフェラーリの会社に買いに行った。

 1億円ずつ入った3つのアタッシュケースを開けようとしたその時、「あなたもう8時よ。起きなさい!」という妻の声で目が覚めた。何だ、夢だったのか。もし起こされなければ夢の中でフェラーリが4台も買えたのにとブツブツ言いながら起きた。

 それから数日後、孫がプレゼントを欲しいという。男の子なので今車に夢中である。トイレに行く時も、お風呂に入る時も、寝る時もいつも両手に車を持っていく。そうだ孫に3億円するフェラーリのおもちゃを買ってあげよう。

 早速スマホでAmazonの車のページをクリックするとあったあった。フェラーリが4台で2000円である。早速申し込んだ。誕生日の日それが届いた。孫に開けさせると大喜びである。こんなに喜ぶとは思わなかった。

 掌に乗るような超ミニカーだがこんなに大喜びしてくれておじいちゃんは嬉しい。3億円のフェラーリは夢だったけど、それを買った以上に嬉しいよ。