「これ何に使うのですか?」とまず聞かれる。口の悪い友人などは「大きな鼻クソみたい」とのたまう。確かにそう言われても仕方ない一品である。直径10mmの円形で色は黒。厚さは3mmである。

 元々はデッキやパソコンの下に張り付け、防音、防震、滑り止めとして使うのが目的である。しかし私の使い方は全く違う。スイッチのボタンの所に貼るのだ。それは何故か?

 仕事柄いつでも寝られるように、寝室はホテルと同じように普通のカーテンと光がもれないように遮光カーテンが張ってある。その為にどこに何があるか分かるように蛍光シールが張ってある。テレビやエアコンなどのリモコン類はすべて、その他にも部屋の電気のスイッチ、夜中でもペットボトルが飲めるように蓋にも貼ってある。だから夜は暗くした部屋でもすぐ何がどこにあるのか分かる。

 ところがそれを探す為には目を開けないといけない。寝ている時は目をあけるだけでも目が覚めてしまうことがある。一度目が覚めると、中々寝付くのが難しい時もある。そういう時にこれはスイッチの所に貼るのである。デッキ類はプレイするボタンに貼ってある。リモコンにはオン、オフのボタンである。これを貼っておくと、目を開けなくてもその出っ張りを触ると、それがその機械のどの部分かが分かるので便利なのである。

 商品名を「ゴムクッション」という。それが8個入って154円、1個19円もする。凄く高いとは思うが、これを使い始めるとスイッチを探すストレスがなくなる。つまりストレスフリーとなるのだ。たったこれだけのことで、人によっては「へ~」という人もいるかもしれない。だが私にとってはかけがえのない必需品なのである。