私の仕事は産婦人科医。いつお産があるか分からない。だから食事も不規則で、決まった時間に食べられるとは限らない。いつも昼間にしか生まれないのなら楽であるがそうではない。夜間にお産になることも多い。そんな日に限ってお腹が空く。無事お産が終わると、すぐ近くにあるセブンイレブンに行く。ラッキーなことに5、6年前にクリニックのすぐ横にセブンイレブンが出来たのである。歩いて20秒位の近さだ。出来た時は別に利用することもないと思っていたのだが、今は本当に便利でコンビニエンス(便利)な店ということに気付く。

 すぐ近くに飲屋街があり、その帰りにこのコンビニに立ち寄る人も多い。夜中というのに飲客や若い人でごった返している。

 夜中にお腹が空いた時に行く所はおでんコーナーである。他のセブンイレブンは夜中におでんを扱っている所は少ない。それは買う人がいないからである。ところがここのセブンイレブンは品揃えが半端じゃない。定番のタマゴ、コンニャク、軟骨、牛スジなどを買い求める。特にソーセージが凄く美味しくて、それは必ず買い求める。器は一番大きなものをオーダーし、つゆだくにしてもらう。このツユが又絶品なのだ。予算は千円以内。それを袋にぶら下げて持ち帰り自宅で食べる。こうして夜中の空腹に対応しているのである。おかげで最近は夜中のお産に立会うのも楽しくなってきた。おでん様々である。