奥さんって何であんなにネガティブな言葉を平気で使うのでしょうね。例えば息子が熱中症になり、スポーツ飲料を手渡したら「あなた、このペットボトルの中には砂糖が何十gも入っているから体に悪いのよ!」。喉が乾いて死にそうな息子の前で言うような言葉ですか?

 朝シャンプーしてドライヤーで髪を乾かしていたら、「朝シャンプーするとハゲになるとTVで言っていたわよ」。何も今髪を乾かしている際にそんな言葉を言わなくても良いんじゃないですかね?

 トウモロコシが好きな家内なので、気を利かせて買ってきたら「何このトウモロコシ、ここの所黒くなっているわ。古いんじゃない?何でよく選んで買ってこないのよ。全くあなたって雑なんだから…」。と娘の方を振り返り「ほら、ここん所黒いでしょ!こんなの普通買わないわよね」。そんな親子で責めなくても…。

 「あなた最近食事する時にポロポロこぼすわね。若いつもりでもやはり口の締りが悪いんだわ。孫が食事する時に使うビニールシートを敷いてあげましょうか?」。いえ、結構です。あとで自分で掃除機をかけますから…。トホホ…。

 別に意地悪くマイナーなことを言っている訳ではないと思いますが、気弱な私にとっては気になることなのです。今日は家内の誕生日。何があっても今日だけは特別に許そうと思っていたら、又やらかしてくれたのです。

 花を買い求め玄関に置いておいたら、「あら、これは私の分ね。持って行くわ。」というので、「おいちょっと待って!これは私からのプレゼントだから、私がおめでとうと言って手渡すのが普通でしょ」「でもどうせその後私の部屋まで持って行くのだから同じじゃない?」ガチョーンです。“女心と秋の空”と言いますが、家内に女心はあるのかしらと男の私は疑問に思います。