花粉症なので、2月に入ると何となく外に遊びに出掛けるのを控えてしまう。特に今年は去年の8倍位飛んでいるという予想を聞いただけで、鼻がムズムズしてくる。そして目が痒くなってくる。TVの画面で、杉の枝をわざと手で揺らし花粉が大量に飛ばせている様子を見ると「何でわざわざ花粉をばら撒くんだ!」と叫んでしまう。

 東京では半分以上の人が花粉症なのに対し、宮崎は3割位しかいないというのは「本当かな?」という感じがする。何せ宮崎は飫肥杉などの杉の木だらけの県なので、殆どの人がそうかと思っていたのだ。

 朝起きるとまずTVの天気予報を見るが、それより先に花粉情報を見る。ところがそれがいつも画面に現れているという訳ではない。唯一MRTだけがその情報を流してくれる。画面に現れる花粉情報で「非常に多い」というのを見ただけで鼻水がズルズルと出てくる。まるでそれは“パブロフ効果”といわれる、犬が餌を見るとツバが出てくるのと同じ原理である。

 そこで何とかしようとまずメガネを買い求めた。それは普通のモノではなく、防塵用と呼ばれる保護メガネである。それとマスク。しかしマスクをするとメガネが直ぐに曇る。その為に前がよく見えず、歩くと至る所にぶつかって危なくて仕方がない。

 そういう時、『ためしてガッテン』でワセリンを鼻の穴や回りに塗ると良くなるというのをやっていた。ワセリンは薬局に300円位で売っているので早速買い求めた。つけてみると少しは良いようだ。それでも目の痒みは治まらない。1日3回の点眼は必須である。あと数週間耐えるしかない。

 花粉症でない人は「何でそんなに騒ぐの?」と言うが、これだけはなった人でないと分からない。2~4月の間は本当に憂鬱になってしまうのだ。今まで何でもなかった人でも突然花粉症になるというので、今なっていない人も油断ならない。まぁなってみるとその大変さが分かる。本当に辛いのだ。あと数週間だ。その間は何とか気力で乗り切ろう。