今年の夏は本当に暑い。熊谷など何と41℃を超えた所もある。それに比べ、暑いといっても宮崎では35℃程度で、まだまだ名古屋や関東に比べ楽である。
 それでもこのままの暑さが続くと、今世紀末には宮崎の平均気温は何と4℃も上昇しているという。まあ今世紀末まで80年あるので、その時私は150歳になっているという計算。ということで残念ながら生きていないが、孫やひ孫の時代はそういう時代になるのかと思うと恐ろしい。
 さて私の夏バテ対策はいくつかあるのだが、その中の一つがスイカを沢山食べること。スイカをその度に切っていると間に合わないので予めざく切りにしてプラスチック容器に入れ、冷蔵庫で冷やしてある。これに塩を振りかけながらむしゃぶりつくのである。週にスイカを丸1個は食べているかもしれない。
 水分補給の方法はいくつかある。例えば水のがぶ飲み。しかしこれはゴクゴク飲んでも途中で嫌になる。ポカリスエットなどのイオン飲料は水分補給は早いのだが、糖分が沢山入っているので、大量に摂ると砂糖漬けになり体にはあまりよくないそうだ。一番手軽な方法は水に塩を溶かし飲むのが良いらしいが、これも何か苦痛である。
 因みにこういう飲み物はキンキンに冷やして飲むことが多いが、基本的には冷やさずにそのまま飲むのがお勧めだという。確かにあまり冷たいと、それだけで体が冷え過ぎて自律神経の働きを害するという。
 それに比べスイカは90%が水分。しかも糖分やカリウム、カルシウム、マグネシウム等のミネラルも豊富に含まれている。カロリーも100gあたりたったの37kcal。美味しくていくらでも食べられる優れた水分補給法である。欠点と言えば種をわざわざペッと出さなくてはならないことぐらいだろう。
 9月になるとスイカも店頭から消え、夏も終わりになる。自分のスイカ腹を叩きながら、又来年お会いしましょうね。