当院では、患者さんとのコミュニケーションをとる為に『コアラ通信』を平成2年(1990年)1月1日から発行してきました。最初は私が手描きでイラストを描いていたのですが、それがワープロになり、今はパソコンになりました。

 その内容は病院に対するものは勿論ですが、院長である私の日常生活を中心にエッセイとして書き続けてきました。気が付くともう1500号になっていました。

 コアラ通信だけでは物足りなくなってきたので、ブログも始めました。ブログの良い点は写真が添付出来ることです。それも667号まできました。

 毎週『コアラ通信』『院長ブログ』のネタ探しに奔走していますが、古稀を迎えてもそれが若さを保っている一つの要因になっているのではないかと思います。これからもコツコツと毎週続けていきたいと思います。

 さて何故『コアラ通信』と命名したのか?それは当クリニックは谷口産婦人科医院として昭和60年(1985年)開業しました。その際コアラをシンボルマークにしたからです。

 コアラにした理由は勿論愛らしいルックスもそうですが、一番の理由はコアラはユーカリしか食べず、生まれた赤ちゃんはそのうんちを離乳食として食べると言うことを聞いたからです。うんちを離乳食にする動物は他にはいません。そこに何故か惹かれました。そしてコアラをピンク色にしてピンクコアラとして登場させたのです。

 当時党員でお産された母親は子どもに「あなたはコアラ病院で生まれたのよ」とみんなに言うので、その赤ちゃんが大きくなり幼稚園などで「僕(私)コアラ病院で生まれたの」というものですから、「コアラ病院ってどこにあるの?」とよく尋ねられたそうです。それは平成13年(2001年)たにぐちレディースクリニックとして上野町に移転するまで言われ続けてきました。

 今はコアラ病院で生まれた子達が次々に当院でお産してくれ有難いと思います。