宮崎市上野町の産婦人科。診察、検査、手術、入院、相談
コアラ通信

コアラ通信

ピアノを弾き続けるということ

 白髪の品の良い年配の女性が来院された。子宮癌が心配なので検査をしたいとのこと。背をピシッと伸ばし、足取りも軽やかである。年齢をお聞きすると何と92歳だと言われる。その年齢の時私の母は、寝たきりで意識も無く胃瘻を付け生か …

うんこの話

 このクリニックを建てる際、トイレの便器をどうするかという話になった。カタログを見るとカラフルな便器が並んでいる。私としては少しモダンな色の赤や黒が良いと提案した。だが設計士の人は「それは止めた方が良いですよ」と言われた …

産婦人科医になって良かったと思う瞬間

 最近嬉しいことが続いた。それは私が以前取上げた赤ちゃん達が母親になって、その赤ちゃんが次々と当院で産声を上げていることである。  私は医師になって4年目に県立宮崎病院に就職した。それまで東京→大分と病院を転々としてきた …

私のはアズキルーペ

 今まで目で苦労したことはない。どんなに小さい文字でも裸眼で見える。新聞の株式などの小さな文字もよく見える。(株式は全く興味ないのだが…)  同級生の中には早い人で40代に入った頃から老眼鏡をかけないと見えない人がいて、 …

頭(ず)が高かった

 院内新聞のコアラ通信を始めたのが平成2年1月1日。それから毎週発行してきた。それを1冊の本にまとめようと出来たのが初めての本『うぶごえ』という本だ。  表紙、イラスト、文章、装丁すべて自分で考えて作った。生む苦しみは味 …

お風呂は頭を使って

 お風呂に頭を使って入ったことがありますか。勿論、バスタブで頭突きする訳ではありません。  私がオギャーと生まれ、産湯に浸かってから70年近くになりました。その間に風呂に入った回数は2万回近くなるのに、色々考えて入ったこ …

日記選び

 三日坊主の私が、珍しく続いているのが日記を付けるということだ。付け始めたのは中学2年生位の時からだ。最初のうちはいつまで続くのだろうという気が強かった。毎日書こうと思っていても、2~3日抜けるともうイヤになってやめたく …

音 無 耳

 学生時代、耳鼻科の実習を受けた時の話である。外来に小さなカラオケボックスみたいなコンテナが置いてある。遮音性の高いグラス繊維が沢山つまっていて、中に入り扉を閉めると、外部の音は全く聞こえない。そしてヘッドホンを耳にあて …

院長 宙を舞う

 それは一瞬の出来事だった。あっと気付いたら体が宙に舞っていた。用事を済ませ、自宅に帰る途中だった。見通しの悪い小道から、高校生の乗った自転車が急に右から飛び出し、避ける間もなく私の自転車の前輪に激突したのだ。私の自転車 …

毎日が顔面移植

 先日TVで衝撃的なニュースを放映していた。 それは顔面移植というものである。それも人間のである。10代の女性が失恋し、それで衝動的に銃で顎の方から銃を発射し、自殺を図ったという事件である。  弾丸は脳の方は貫通しなかっ …

« 1 2 3 26 »
PAGETOP
Copyright © たにぐちレディースクリニック All Rights Reserved.