私は100円ショップ大好き人間だ。週に1回位は行く。魅力は何と言っても安さである。30年位前に初めて行った時は品数も少なく、いかにもチャチな品物で買おうとは思わなかった。しかし最近はクオリティーが上がってきて「お値段以上」の物が増えてきた。

 先日買い求めたグラス。超薄で軽くてデザインも素晴らしい。それは1個数万円もする“バカラ”のグラスと思われても不思議ではない。最近はこれで晩酌をするのがとても楽しみだ。

 飾り物でも色々な面白いものがある。最近見つけたのが太陽光で踊るフラダンスの人形。その腰の振り方は何ともユーモラスで、つい見とれてしまう。あまりにも可愛いので、外から見える窓に10体飾った。いかにも夏らしくて心がウキウキしてくる

 最近ハマっているのが靴下。今までは3足1000円位のものを買っていた。ところがゴワゴワしていて履きにくい。そこで100円ショップの靴下を何足か買ってみた。するとこれが又履きやすい。直ぐに破れるかと思ったがそうでもない。しかも色々な形、サイズがあるので楽しめる。

 エッセイを書く時のボールペンは凄く書き易いので今まで何十本も買い求めた。それで書いていると、自然にペンが滑っていく。20分もあると原稿用紙2枚分位は直ぐ書ける。5年間位使っていたが残念な事に製造中止になった。というのを聞いてもうエッセイが書けないかもしれないと一時パニックになった。それで店にあるものを全部買い占めた。今まで100本以上は買っていると思う。

 私の自転車は100円ショップのオンパレードである。まず前カゴの網。それは引ったくり防止用に作られていて、伸びるゴムで出来ている網だ。それを二重にして張っている。その間に割れ物を入れても絶対に割れない。ピカピカ光るライト。キーホルダー。物を挟む大きな金属製クリップ。サドルカバー。数えればキリがない。

 孫のオモチャも100円ショップで買っていたが、家内が「置く所がないからもう買ってこないでね。そして投げたり乱暴に扱ったりして直ぐに壊れるのよ。ほら、これ見てごらん。」見るとそこにはバラバラになったオモチャが散乱していた。

 1万円以上買うこともある。その為私がレジで会計をしていると、後ろの人が並んで大渋滞になることになる。店にとってもお客さんにとっても大迷惑なのだ。しかし100円ショップ巡りは止められない。もしかして100円ショップ買い物依存症なのかもしれない。それにしても100円ショップは楽しい。

 因みに自宅には100円ショップ専用の引き出しがある。