「先生、最近太ったんじゃない?」とよく言われる。そう、1年間で10kg近く体重が増えたのだ。そう言われるといつもこう言い返す。「学生時代にはもっと体重があって100kgを超えたことがあったんだよ。」学生時代は「パンダ」というあだ名がついていた。本当に丸まるとしていて、座っている時にちょっと押すとコロコロ転がってまるでパンダの動きに似ているからだ。

 ところが卒業し就職すると、のんびりした学生時代と違って一日中寝る暇もないような忙しさ。おかげで1年で20kg近く減ってスリムな体になっていた。ところが最近は食べるものが美味しくて食べたいだけ食べる。そして食べたらすぐ横になり、そのまま眠りについてしまう。太る訓練をしているようなものである。その為にキャベツダイエット、酢ダイエットなどをやってみたが、食欲には勝てない。しかしこれではいけない。そこでダイエットをすることにした。

 まず簡単な方法。それは毎日同じ時間に体重を計る。これは一番簡単なダイエット法と言われている。人間は誰でも数値で表示されると素直に従うものである。例えば貯金が増えると嬉しい様に、体重が減るとまた努力しようと思うものなのだ。かといって急に痩せるダイエットは必ずリバウンドをする。

 そこで目標を1日30gずつ減量することにした。1日30gで1ヵ月で1kg。計算上1年もすれば12㎏痩せることができる。それ位痩せれば高校時代の体重に戻れるのである。1人で計るとインチキするのではないかと思われるので、ナースステーションに体重計を置き、皆が見ている前で体重を量り、それをグラフにする。最初は上手くいっていたのだが、つい飲み会などがあると又増えている。それに一喜一憂しながら量っている。だが、今予定通り1ヵ月で約1kg減量に成功している

 但し体重を減らすだけではだめだ。先日最新の機器で体重だけではなく体の各パーツの筋量、脂肪量を計る機会があった。体重オーバーは勿論のことだが、脂肪が多く筋量が少ない。典型的な中高年の体をしている。これからは体重だけではなく、そういうトータル的なことを考え色々やっていかなくてはだめだ。

 そこでTVでやっている中高年向きの運動などを録画し実践している。しかし実際にしてみると意外に難しい。体が硬くてそうは上手くいかないのだ。2、3回やるだけで肩で息をする。やばい。これはかなり鍛えないといけないことを実感している。そしていかに間違った筋トレをしていたかに気づかされた。

 今夏こそ、女性から振り返られる体作りを…。そう思っている。