2~3ヵ月に一回、自宅に段ボール一杯に美味しいパンが送られてくる。それは私の娘から送られてくるのだ。

 娘は結婚して今北海道のニセコという所に住んでいる。あのスキー場で有名なニセコなのである。冬になると2~3mの雪が積もる。そこのパウダースノーは世界的に良質の雪らしく、外国からも沢山のスキーヤーがやってくる。とはいってものどかな田舎町。はたしてそこでやっていけるのか心配だった。しかし夫の生まれ故郷なのでそこでパン屋をオープンすることにしたのだ。

 二人は京都の製菓学校で知り合った。その後結婚してニセコに住むことになったのだ。夫はパティシエで札幌にある洋菓子店での修行を終え、娘はパン、旦那は洋菓子担当として自分の店を開店したのだ。

 何せ冬になるともの凄い雪で、商店街でオープンしてもお客さんは来ないだろう。そこで“ニセコ駅前温泉「綺羅乃湯」の施設内でオープンすることにした。分かり易く言うと「道の駅」みたいな所である。そうすれば冬でもスキー客が立ち寄ってくれるからだ。それでも初めてする商売。ゼロからのスタートでかなり苦労したようだ。

 しかし平成28年4月30日についにオープンした。店の名前は『マイトリエ』。娘の名前は”マイカ”という名前。字は“舞鳥”と書く。これを音読みにして”マイトリ”を頭に付け、語尾にアトリエの”エ”を付けた造語である。彼女の姉がその名付け親だが、中々良い名前だ。私はまだ一度も行ったことはないのだが、家内は一度訪れている。何せ田舎なので売るのも大変なのであるが、美味しいのでお蔭様で売り切れる時もあるらしい。

 毎日色々なパンを試行錯誤しながら作っている。その種類ざっと50種類。最近は宮崎名物のチキン南蛮が入ったパンも作ったらしいが、好評ですぐに売り切れたという。そういう訳で、色々試行錯誤して作ったパンや美味しいと評判のパンを段ボール一杯に入れて送ってくるのだ。

 届くと暫くはこの娘のパンが朝の食卓に並ぶ。親バカかもしれないが実に美味い。ニセコに行く機会があったら是非寄ってみて下さい。 

『マイトリエ』TEL(0136)44-1100  歓迎します。